なぜ、日本語ができますか。

ヂュセルドルフの日本庭

ジンバブウェに生まれた、南アフリカに長い間住んでいました、そして今ドイツに住んでいる医者はなぜ日本語ができますか。 大事な質問です。 翻訳として働いていますけれども、日本語ができた前に、大学生の時に、数月の間、日本医科大学で実際経験を取得しました。 日本の病院は、先進的な手術・技術が多いし、学習目的の基準も高いし、平成16年以降今まで、 医学の立場から、一番世界的に影響力を持つ国は必ず日本だと信じています。でも、この事実をしている人は専門者以外あまりありません。これは日本語の複雑さのせいだと信じています。年の間、医学翻訳者として、日本語だけではなく、日本文化も毎日少しずつ勉強していました。「 いつか私は日本で住みたいものだが、とにかく、日本語を勉強 し始める方がいいと思う」 と考えました。 あいにく、南アフリカで医学での労働条件がすごく大変でしたので、医者としての仕事をやめました。平成23年から、日英翻訳者として働いていますが、平成25年から、ドイツから英語にも翻訳しています。平成25年からドイツに住んでいます。

ヂュセルドルフの日本庭
%d bloggers like this: